ユウとしらがみのあれこれ記録

タルパ関係に関してあれこれ。

憑依と憑依段階表(日本語訳)

 こちらのタルパwikiの「憑依[Posession]」の項目の日本語訳です。お役立てください。以下私(白神)の翻訳。
****
 憑依[Possession]は、タルパによってマスター[psychonaut]の体の一部〜全てをコントロールされる体験のことです。憑依のあいだ、マスター[host]は動かす感覚[agency]を失い、そして所有感[ownership]も失うことがあるかもしれません。憑依は、相互的に始めるプロセスで、マスターとタルパの両方が合意したときのみに発生します。これはスイッチングとは異なり、マスターが所有感を失うとは限らず、またマスターは物理的な体にくっついています。
 完全な憑依への実現のためには、タルパとマスターは練習と、特定の役割を行うことの上達をさせなければならないでしょう。憑依は明確な概念ではなく、定義可能な憑依段階(5つあります。後述; 憑依段階表を参照)の様々なレベルで発生するとみなせます。
 初期段階では、タルパによるマスターの体の制御は絶対的でなく、マスターが誤って(コントロールを)持っていってしまうことがあったり、タルパが動くのに苦労することがあるかもしれません。しかし、練習を継続することでそのような事は減少するはずです。憑依を学ぶときにこのことを念頭に置くことは重要です。マスターは物理的肉体の感覚と行動から分離することを学ばなければいけないでしょう。そしてタルパは物理的な動きの仲介者となること、そしてそれを引き受けることを学ばなければなりません。タルパは筋肉に関する記憶を使い、体のコントロールの難しさを和らげるべきでしょう。マスターは肉体の動き意識的に抑えるのではなく、肉体の行動を無視することを学ぶべきです。
 以下の憑依段階システムは、自分の憑依の進展具合を確認するために多いに役立てることができるでしょう。

・憑依段階表[The possession gradient]
 1. 共有存在段階[Shared presence]
 この段階では、マスターは自分とタルパが同じ場所にいるかのように、体全体にタルパの存在を感じることができます。タルパもマスターの感覚を共有します。
 2. コントロールの境界段階[Verge of control]
 この段階では、タルパが自分(マスター)の動きに近いように感じるかもしれません。これよりも進んだ段階へ進むためには、マスターは「体の動きが完全に自分のものでない感覚がある」という考えを放棄する必要があります。どのようにしてタルパとよりよいコミュニケーションをできるかを考えるのと同じように、タルパが学ぶのをサポートすることは重要です。あまりにも期待値を高くして練習を続けないようにしてください。
 3. 制限されたコントロール段階[Limited control]
 この段階では、タルパは普通は短い時間の簡単な動きのみをコントロールすることができます。この段階ではマスターとタルパが素早く切り替わることが珍しくありません。また、この段階では特定の行動や状況に対して誰が(体を)コントロールしていたのか混乱が生じることもあります。
 4. 強化されたコントロール段階[Increased control]
 この段階では、タルパがマスターの体をコントロールしていることが明らかになります。タルパはより器用で円滑な運動技術をより長時間維持することができるでしょう。この時点でタルパはマスターの体の筋肉の記憶を利用することができます。しかし、この段階で大声で話すことはタルパ にとって挑戦的な技術であるかもしれません。
 5. 高度/完全なコントロール段階[Advanced/ complete control]
  マスターとタルパ の両方の能力が向上するにつれて、憑依はより長く続きタルパ はよりコントロールができるようになり、タルパやマスターは、部分的あるいは完全に体や行動が切り離されたように感じます。この段階では、マスターとタルパ の両方が陶酔感を覚えるかもしれません。これは身体的そして認知的な陶酔感です。特に最初に憑依したタルパの場合がそうです。
****

タルパ作りの前-訓練法 001

0. はじめに
 タルパ作りの訓練法は散見されますが、その前段階の訓練法はあまり見受けられません。

 仮定として、タルパのいる場所やタルパの見ている<現実>は、私たちの見ている現実ではなく、脳内に現実をコピーした<もうひとつの現実>だとみなします。すなわち脳内に、タルパが存在したりタルパが感覚を持つもうひとつの空間があると仮定します。私はこれを仮に内部空間と呼ぶことにいたします。対して、現実空間は外部空間と呼びます。

 この内部空間ができあがっていないと「マスターからタルパは見えるけれど、タルパからマスターが見えない」といった状態が実際にあるようです。したがって、その内部空間を鍛える訓練法を2つほど作りましたので、お役に立てたのなら嬉しく思います。

1. 自己複製訓練
 内部空間にいるタルパに届けるマスターの姿や声を作る訓練

・自撮り-複製法
 自分の姿を写真などに収め、見ます。それを脳内で隣に複製したり、複製体の位置を変えたりするなどして、自分の姿を記憶いたします。タルパのいる内部空間に自分の姿を作成することで、内部空間にいるタルパの観測するマスターを作ります。

・音声録音-復唱法
 自分の声を録音媒体に収め、それを脳内で復唱いたします。自撮り-複製法と同様に、自分の音声を記憶し、内部空間に自分の音声を円滑に届けられるようにする訓練です。また一人二役の前準備でもあります。

2. 感覚化訓練
 内部空間の対象を操作する技術を高める訓練

・絵画-複製法
 設定で作られたタルパの姿を絵などに落とし込み、見ます。自撮り-複製法と同様に、それを脳内で隣に複製したり、複製体の位置を変えたりするなどして、タルパの姿を記憶していきます。タルパのいる内部空間に内部的な姿を定着させる訓練です。

・発声-復唱法
 一人二役期に行う訓練法。自分がまずセリフを脳内あるいは肉声で喋り、設定で作られたタルパの音声に変換して復唱する。タルパの声でいきなり発声できるようまで訓練を行う。これにより内部的な音声を定着させます。

 皆様のよきタル活を祈っております。
All by 白神 Whiteena 雪乃
白神 Whiteena 雪乃❀ (@Whiteena_S) | Twitter

 

タルパの型とそのタイプ(白神式 ver. 2)

・はじめに
 タルパを創造型、挿入型、邂逅型の3つの型に分類する方法です。その下位項目としていくつかのタイプを導入いたしました。タイプの表記法は「X型-Yタイプ」というように中心をenダッシュで区切ったあ表記をいたします。

 ※現在バージョンは2です。

・創造型
└創造タイプ[創造型-創造タイプ]

 一般的に認知されており、また一番多いタイプのタルパです。一人二役の会話から始め、オート化した(またはする予定)のタルパがこのタイプです。
└生誕タイプ[創造型-生誕タイプ]
 従来の生誕型タルパがここに入ります。創造型と同様にタルパの教育などが必要なことからここに入れることとします。


・挿入型

 はじめから半オート以上で生まれてくることから、ゼロから作り出す創造型とは区別いたします。私が提唱したタイプのタルパですので、詳しくは上の記事を参照していただけたらと思います。現行の区分では創造型と挿入型-挿入タイプが混同されている恐れがあり、創造型の人から「すぽっと入れて創った」「会話が可能」などの報告があります。

└挿入タイプ[挿入型-挿入タイプ]
 挿入型の中でも、見た目やモノなどの中に、思念体の素とでも呼ぶべきものをタルパ創造者が「入れて」作るタイプのタルパです。はじめから半オート以上、すなわちはじめから意思を持っています。

└侵入タイプ[挿入型-侵入タイプ]
 挿入型の中でも、見た目やモノなどに、思念体・思念体素の方から「入ってきた」タイプのタルパです。半オート以上なのは挿入タイプに共通ですが、飽くまでも思念体素がマスターの意図とは関わりなく見た目やモノに「侵入」してくることから、挿入型-侵入タイプと名付けました。

・邂逅型
└邂逅タイプ[邂逅型-邂逅タイプ]

 離脱世界や現実世界で遭遇し、タルパ的な訓練を施しタルパ化したものがこのタイプです。
└住人タイプ[邂逅型-住人タイプ]
 ダイブ界、ワンダーランド、マインドスケープ、内界、他それに似た世界の住人にタルパ的な訓練を施し、タルパ化したものがこのタイプです。


all by 白神 Whiteena 雪乃
白神 Whiteena 雪乃❀ (@Whiteena_S) | Twitter

挿入型タルパという存在

 タルパーさんのツイートで「タルパを入れた」「タルパが入ってきた」という表現を多く見かけました。
 そこで、仮にその入ってきたタルパに「挿入型タルパ」という名前を与えて、アンケートを取ってみたのが始まりです。
 挿入型タルパの定義はざっくり下記のようなものです。

;このタルパは器や見た目に「入れた/入れられた、入った/入ってきた」と表現されるタルパで、最初から完オートかそれに近い状態である。 

 全体で102票入ったから画像を。

f:id:Sh1ra_Gam1:20181217094929p:plain

挿入型タルパのアンケート結果

 創造型タルパが半数以上を占めているのは想像通りだけれど、よく話題に上る邂逅型タルパよりも挿入型タルパの方が10%ほど多く、全体の1/4を占めています。

・挿入型タルパの詳細とタイプ

 挿入型タルパの特徴は、はじめから半オート以上(ときには完オート)、はじめから意思を持っていることです。

└挿入タイプ[挿入型-挿入タイプ]
 見た目やモノなどの中に、マスターが思念体の素とでも呼ぶべきものを「入れて」作るタイプのタルパのことです。

└侵入タイプ[挿入型-侵入タイプ]
 挿入型の中でも、見た目やモノなどに思念体・思念体の素の方から「入ってきた」タイプのタルパを、挿入型-侵入タイプと呼ぶことにします。半オート以上なのは挿入タイプに共通だけれど、飽くまでも思念体の素がマスターの意図とは関わりなく見た目やモノに「侵入」してくることから、挿入型-侵入タイプと名付けました。


 ときに、これらは物理的なぬいぐるみが喋るタイプのIFからの連想であったり、知り合いのタルパの作り方(思念体の素のようなものが頭の中にあって、それをスポっと入れるという説明)からアイディアをいただいたものです。ご協力嬉しく思います。

 

All by 白神 Whiteena 雪乃